漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

デビューは投稿?持ち込み?のどちら良いか

さあ、今回は少し趣向を変えて、
「漫画家としてデビューする方法」
についてです。

あなたは作品を描いたら
「投稿」
しようか
「持ち込み」
しようか悩んでいませんか?

関東に住んでいる人は、
「早く見せに行きたい!」
と持ち込みを考えているかもしれませんね。

今回は「投稿」と「持ち込み」
を比較して考えてみます。

一般的な話ですが、
持ち込みでできの良い作品を提出したとしても、
必ず新人賞に回されて、
そこで審査されることになるんです。

だから、よく雑誌に
「持ち込みがデビューへの近道」
などと書いてありますが、
別にそんなことははないんです。

確かに持ち込みの場合は、
プロの編集さんからアドバイスがもらえる
という長所があります。

しかしながら、
その時に手の空いてる人が原稿を見るため、
自分と合わない編集さんが自動的に担当に
なってしまうという可能性も高いんです。

それに、
いかにプロの編集といえども、

入社間もない新人が持ち込みの担当
になる場合もあるため、
結局は漫画好きの友達に読んでもらってる
のと大差なかったりします。

それで
「プロのアドバイス」
と言われても説得力がありません。

逆に、
直接新人賞に投稿した場合はというと、
あなたの作品を見て才能を感じてくれた編集が
担当になってくれるケースが多い。

だから、
長い目で見た場合はこっちゃの方が
得になるんじゃないかと
思ったりもします。

なので、
漫画家を目指してがんばっている人は、
敢えて上京してまで持ち込むよりも、

近くの友達や知り合いの大人の講評を仰ぎながら
新人賞に応募し続けた方が良いんじゃないかな?

と、思っております。

○今回の新人賞を獲るポイント
「漫画は投稿がおすすめ!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。