漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

心理描写の細かい作品を描く方法

漫画のジャンルで、手に汗握る心理戦とか
心に響く恋愛の心理描写
とかいった作品が好きな人も多いと思います。

なので、そういう作品を描いたみたいと思う
人も多いと思います。

しかしながら、
「書けそうで書けない」
「心理描写が浅すぎてはずかしい」
など、満足できる話にならないのでは
ないでしょうか?

それで諦めてしまった人もいるかも
しれませんが、安心してください。

必ず、書けるようになります。

それが今回紹介する方法です。

それは何をするかというと、
結論は「心理学を学ぶ」
ということです。

「心理学なんて難しそう」
と思ったあなた。

違います。

しょせん心理学なんて人間の心理パターン
を解説しているだけです。

同じ人間なんですから理解できない
わけがありません。

犬や猫の心理を知るのは難しいですが、
人間は簡単です。

自分が人間なんですから。

それに、非常に面白いです。

漫画を描こうと思って、最初に心理学を
勉強する人は少ないと思いますが、
知っているのと知らないとでは、
ぜんぜん違うのが人の心理です。

だれも心理学者になれと言っている
わけではありません。

基本を学べばいいだけです。

かのレーガン大統領は、もともと俳優でしたが、
政治家になって成功しました。

それは、俳優としての演技力を政治に使ったからです。

俳優たちの中では、大した演技力ではなかった
わけですが、政治家の中なら無敵です。

何年も演技の勉強をした政治家なんていません。
だから、大統領にまでなれたんです。

だから、思っても見ない分野のことを
取り入れると成功しやすくなります。

その分野では常識ということでも、
違う分野に持っていけば新鮮に感じら
れますし、ライバルもいません。

そういう意味でも、心理学を学んで
漫画の世界に持って来ましょう。

それが、心理描写の鋭い作品を描く
ことに繋がります。

それでも、心理学に抵抗がある人には
ある人に教えてももらった次の話を
紹介します。

ある、真っ暗闇の夜のことです。
一人のおばあさんが、
ひったくりに合いました。

「誰か、あのひったくりをつかまえて下さい!」

そう叫ぶおばあさんの声を聞いた男が、
すぐにその犯人を追いかけました。

そしてしばらく走ったあと、
ついに犯人を捕まえました。

しかし、そのひったくり犯。

開き直って、追いかけてきた男ともみあいながら、
「何言ってるんだ! 犯人はお前だろ!」 
と叫びました。

すべて、真っ暗な夜のできごと。
駆けつけた警官も、被害にあったおばあさんも、
どちらが本当の犯人で、
どちらが捕まえてくれた男なのか、
分かりませんでした。

もちろん二人とも、
「オレじゃない! あいつが犯人だ!」
と譲りません。

そして次の日。

二人は裁判にかけられることになりました。

ここで、その州の知事をしていた男が、
そのことを聞いて、二人に言いました。

「二人で、○○をしてみなさい」

その結果。
どちらが犯人なのか、あっという間に分かりました。

さて、知事が言った言葉はなんでしょう?

さて、答えです。

知事は、言いました。

「二人で、競走をしてみなさい」

この言葉に、周りにいた群衆や裁判官、
さらに当の男たちは、
誰も意図を理解することができませんでした。

「そうじゃな…。あの城門のところまで、走るがいい! 
よーい、スタートじゃあ!」

その言葉に、二人は意味が理解できないまま、
走り始めます。

その結果。

片方の男が先にゴールし、
もう片方の男が遅れてゴールしました。

すると、知事は遅れた男を捕まえて、言いました。

「お前が犯人じゃ」

そしてその男は、重い罰を受けたということです。

意味、分かりましたでしょうか。

実際、ほとんどの群衆が、
その意味が分かりませんでした。

すると知事は、こんな説明をしました。

まず、ひったくり犯にとって、
「暗闇で走って逃げる」ことは、日常です。

ある意味、普段から慣れている、ベストな状況です。

さらにくわえて、暗闇で逃げている場合、
捕まりたくないわけで、必死に走ります。

ベストかつ必死。

ある意味、ひったくり犯にとって、
最初の暗闇での逃走は
「最大の力で走る状況」なわけです。

しかし、それでも彼は捕まってしまいました。

すなわち、追いかけた男は、ひったくり犯より、
ずっと足が速い、というわけです。

くわえて裁判では、衆人環視の状況。

ひったくり犯にとっては、
走り慣れていない、アウェイの状況です。

すなわちひったくり犯にとっては、
さらに足が遅くなる要素があるわけです。

すなわち。

本気で走ってもつかまったひったくり犯が、
本気以下でしか走れない状況で、勝てるわけがない。

というわけで、遅かった方が、
ひったくり犯だ、というわけです。

ちなみにこの知事。
名前を「符融(ふゆう)」と言い、このできごとは
「符融の裁き」と言われるようになりました。

昔の中国のお話です。

これが心理学です。
あなたはもうこれで、心理学の基本を一つ学びました。

ね、面白いでしょ?

さあ、心理学をどんどん学んで漫画に応用しましょう。


○今回の新人賞を獲るポイント
「心理学の基本を学んで漫画に応用しよう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。