漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

漫画の決め台詞の考え方

セリフを考える上で悩むのは「決めゼリフ」
ではないでしょうか?

せっかくの良い場面を描いたらそれに
見合った台詞を言わせたいものですよね。

しかしながら、良い決め台詞なんてものは
そうそう思い浮かぶものではありません。

だれでも、そうです。
急に考えろなんて言われも無理な話です。

なので、プロの人たちは普段から、メモを
持ち歩き、いい台詞をメモっています。

昔、決めゼリフを上手くキメられるように
なるにはどうしたら? 

…という質問に藤田和日郎さんが答えていました。

その答えをまとめると、

1.映画を観たり、小説を読んだりして
  良いセリフだ、と思ったらメモる
2.格言集や今流行ってる言葉の本を参考にする

です。

ぜんぜん自分でセリフを考えていません(笑)

このメモをそのまま使わず、アレンジはするという
ことだと思います。

メモを見ながら『あのキャラに言わせたいなあ』
とかアイディアが浮かんでくるというわけです。

やっぱり、ひとりじゃなにも浮かんでこないわけです。

プロでもそうなんですから、あなたが
浮かばないのは当然のこと。

長い目で見て、自分で台詞集を作っていきましょう。

ぱっと思いつくのは、
「幽遊白書」の連載最後の方で、
主人公が「お〜れのポケットには大きすぎらぁ」
というカリオストロの城でのルパン三世
の名セリフをそのまま使っていたことです。

まあ、「お〜れ」というのを「俺達」と
変えていましたが...。

そんなわけで、「名言は使い回しができる」
ということですね。

○今回の新人賞を獲るポイント
「普段から名ゼリフを集めて備えておこう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。