漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

読む人の心を浄化するストーリーとは?

お題として
「誰が読んでも'安らぎ'が得られる漫画を描いてください」

といわれたら、どんな漫画を描きますか?

ハッピーエンドの「恋愛ストーリー」
水戸黄門のような「勧善懲悪のストーリー」

など、いろいろ思い浮かぶかも知れませんが、
「誰が読んでも」ということをクリアするためには、
この内容では不十分です。

心理学では
「安らぎ」=「心の浄化」
とされています。

そうすると、浄化とは何じゃ?
という疑問が出てくると思いますので、
少し解説を加えさせてもらいます。

人間であれば誰だって、心の中に「悪」
の部分を持っています。

その悪の部分を出し切ってすっきりすることが心の浄化です。

具体的に言うと、少し古いですが
「バトルロワイヤル」
という映画がありました。

この作品では、高校のクラスメートたちが危機的状況の中で、
自分が生き残るためにひたすら殺し合ってしまうという、
人間の弱い部分・悪の部分が徹底的に描かれています。

それを見て、僕たちは無意識のうちに、自分の中の抑圧してきた
悪の部分を「出してもらった」気持ちになり、
心の中にちょっとした安らぎを覚えるのです。

これが「浄化」です。
「恐怖」と「安らぎ」は裏返しというわけです。

この「読む人の心を浄化しよう」というコンセプト
というのは気が付いていない人が多いため、
他の人の作品との差別化がはかれます。

もちろん、「バトルロワイヤル」のような殺し合う
作品を描こうと言っているわけではありません。

心の浄化で安らぎを与えるという視点で作品を考える
のも良い作品を創作する一つの方法ということです。

ちなみに漫画で有名なのは「カイジ」や「ライアーゲーム」ですね。
人をだますという悪の部分を徹底的に描いています。

これぞ漫画の究極のコンセプトの一つ「浄化魂」です。

このコンセプトで漫画を描ける人は、教祖様のように慕われ、
コアなファンが多い漫画家になることができますので、
ぜひお試しください。

○今回の新人賞を獲るポイント
「読む人の心を浄化するストーリーを考えてみよう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。