漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

あなたの漫画作品が読者に何をもたらすか?

ルンバというロボット型の掃除機をご存知ですか?
自動で動いて部屋の掃除をしてくれる掃除機です。

これがかなりの高性能で、評判が高いんです。

「だからどうした?」
と思わずに聞いてもらいたいんです。

この掃除機のキャッチコピーは、

「自由な時間をプレゼント」

ポイントは自由な時間。

なるほどなって思った?
何がいいかって、理由は簡単。

このキャッチコピー、商品の特徴とは全く関係ない事をアピールしている。

どこにもロボットだから自動的とか、充電が簡単とか、段差にも対応とか、、、
そんな事は書いてない。

ここでアピールしている事は、たったの一つ。

時間である。

そして、このアピールは商品目線ではなく、
見込み客の目線に完全に立っている。

考えてみよう。

掃除機を買うのは誰だろう?

主婦だ。
主婦は忙しい。
ご飯を作って、洗い物をして、掃除をして、洗濯して、
お風呂をわかして、子供の面倒を見て、、、

自分の時間なんてほとんどない。

そんな見込み客の心情を見抜いたかのごとくのこのキャッチコピー。

素晴らしい!!!
そして、さらには、これ商品のベネフィットを考え抜いた結果でもある。

掃除機が自動のロボットになると
どんなベネフィットがあるのか?

という質問を考え抜いた結果、掃除が楽になる。
部屋が勝手に綺麗になる。
掃除しなくて済む。その分の時間が取れる。

という事になる。

言われてみれば当たり前のように感じるかもしれないが、
実際それが自分の商品でできてるかどうかは別問題。

漫画を描くことも同じこと。

ほとんどの人は、自分の事ばかり考えている。

自分の作品の特徴、読者へもたらすベネフィット。

そして、それが、読者の生活や考え方にどんなインパクトを与えるのか?
どんな変化を与えるのか?

という事を考えていない。

それを考えるためには、誰がターゲットなのか?
どんな人がこの漫画を読むのか?

という事を明確に知らなければいけない。

相手がどんな人かを知らずに
その人が読みたい漫画を知る事はできない。

たとえば、ルンバを買うのがニートだったら、
自由な時間をプレゼントなんてのは何のアピールにもならない。

だってニートは腐るほど時間あるからだ。

しかし、本当に忙しくて自分の時間が取れない人、
たまには自分の時間が欲しい、、、
と思っているような人にとっては、最高のメッセージになる。

さあ、自分の漫画を見直してみよう。

自分の漫画のメッセージを見直してみよう。

読者中心のアピールになっているだろうか?
そもそも読者は一体誰なのか?

そして、読みたいと思わせる作品になっているだろうか?


○今回の新人賞を獲るポイント
「あなたの作品のアピールポイントは読者あってのこそ!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。