漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

知っている、は、知らないと同じ

漫画の描き方をずっと勉強し続けている人がいます。

それこそ何年も前から、本を読んだりセミナーに参加したり、
有料のプログラムに入ったり教材を買ったり・・・

知識はどんどんついてきているから、何か新しい本を読んでも、
「あー、またこれか。知ってるよ。」という反応をしてしまいます。

確かに『知っている』んでしょう。

でもそれを「できる」かどうか、、、は、別問題。

「知っていても」実際にやってみて「できない」のなら、
それは『知らない』のと何も変わりません。

そう言いながら、私自身完璧にできているかというと、
全くそんなことはありません。

書いて、後から見直したときに、
「あー、、、できてないなー」と気づくのです。

でも、実際に書いてみないと
「できていないなー」ということすら、
気づけないのです。

漫画の描き方は、他のスキルと比べたら
習得が難しいスキルの一つだと思います。

勉強して知識を得るだけじゃスキルにはなりません。
知識とスキルは全く別のものです。

知識は、知っている、ということ。
スキルは、できる、ということ。

知識をつけるには、インプットが必要です。

でもそれをスキルに変えるには、アウトプットが必要なのです。

もし、あなたが「勉強ばっかりしているなー」と思っているなら、
ぜひ実際に漫画を描いてみましょう。

知識をスキルに変えて、
「知っている」を「できる」にしましょう。


○今回の新人賞を獲るポイント
「知識をスキルに変えよう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。