漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

すぐできる漫画の登場人物の名前の考え方

もうエンドレスで届く、
出会い系サイトの広告メールっていやですよね。

王道は、「一般の女性を装ったメール」。

「こんにちは。千野かなみと言います。
突然のメールでごめんなさい…」

こんな風に普通のやりとりを繰り返し、
最後に出会い系へ登録させようという内容です。

とはいえ、いまだに引っかかっている人は、
おそらく皆無だと思います。
が、ここではあえてその内容に注目してみました。

今回のメインは、内容ではなく、「名前」です。

もちろん書いているのは男性でしょうし、
名前は架空のものだと思いますが、
その名前をここですべてピックアップしてみました。

富田ゆかり
井川りかこ
千野かなみ
みか
山村なずな
松田まみこ
美杉ケイ
田中美紀
早坂麻美
藁科美智子
根本遥

さて、ここには、重大な法則性があることに
気がつきますでしょうか。

今回は、そこに深くメスを入れてみたいと思います。


法則その1 「ひらがな」

まず、11名のうち、6名が「下の名前がひらがな」です。

これ、人間心理にとってはとても重要。

ひらがなは、子供が生まれて初めて習う言葉です。
そのため無意識に幼いころを思い出して、
ほんのりと柔らかな気持ちにさせる
効果があるのです。

たとえばよく選挙でも、
名前をひらがなにすることがありますね。

「たなか一郎」
「青木ただし」

というような書き方です。
これらもすべて、ソフトな印象を作って、
親しみを持たせるという効果があります。

出会い系の場合、ソフトな女性を装うことによって、
相手の気持ちをゆるませ、
ついクリックさせようとしているわけですね。

逆に「カタカナ」は、
外来語を表記するときによく使われる言葉。

テレビ、コンピューター、パソコン。

よって人の心の中に、洗練されて、
シャープな印象を起こさせる言葉です。

たとえば、

「ほりえもん」と「ホリエモン」。

どことなく、後者の方が鋭いような印象がありませんか?

出会い系の場合、鋭い印象を与えれば与えるほど、
「なんか怖い」「いろいろ請求されそう」
というイメージができてしまうので、
名前としては使われにくいのかもしれません。


法則その2 「ア行がよく使われる」

ア行の言葉は、口を大きく開けて発音します。

口をグッと閉じている人は、
心を閉ざしたような印象がありますよね。

逆に口をあどけなく開けている女性などは、
そのままスキを感じさせ、男性の
気持ちにたいして「色気」を感じさせるものです。

よって口を大きく開いて発音する「ア行」の言葉も、
無意識に同じ印象を与えるものなのです。

たとえば想像してみてください。

「セクシーな時に発するセリフ」というと、
どんな言葉を思い浮かべますか?

「あはん」
「あぁっ…」
「いやん」
「だめぇ…」

これ以上書くとこのメルマガが発禁になりそうなのでやめますが、
どれも、「ア行」の言葉を含んでいますね。

人は感じたときに、
無意識に口を大きく開けてしまうからです。

逆に「ア行の言葉を使わずに、感じたセリフを作れ」
と言われると、すごく難しいことに気がつくはずです。

繰り返しになりますが、これは名前でも同じ。

たとえば、「みか」ちゃんと、「みき」ちゃん。

前者の方が、柔らかな印象。
後者の方が、鋭い印象がありませんか?

これは男性名でも同じ。
「けいた」くんと、「けいいち」くん。

前者の方がちょっとソフトですね。

実際にアイドルの名前も、ソフトにしたいためか、

「上戸彩」「平山あや」「松浦亜弥」
「後藤真希」「安倍なつみ」
「加護亜依」「井上和香」「優香」

など、ほとんどがア行を含みます。
もちろん先ほどの名前も、

富田ゆかり 井川りかこ 千野かなみ みか 
山村なずな 松田まみこ 早坂麻美

の7人が、下の名前にア行を含んでいます。
中でも「か」は使いやすいのか、多用されています。

「か空請求してやる…」
という気持ちから、無意識に使ってしまったのかは分かりません。


法則その3 「イメージのいい漢字」

最後の法則はとてもシンプルです。

名前の中に、「イメージのいい漢字」がよく使われています。

一番は「美」でしょうか。
作っている人も、やはり「美女・美少女がいっぱい」
というイメージを出したいのかもしれません。

下の名前が漢字のうち、4人中3人に

田中美紀
早坂麻美
藁科美智子

と、「美」が使われています。

また名前の中に出てくる「井川りかこ」。

この「井川」も、「井川遥」を連想させ、
美人のように思わせようと考えているのかもしれません。

最後の「根本遥」は、それこそ「井川遥」と「根本はるみ」の
合体かもしれません。
ていうか作った人の趣味が分かる気がしますね。

何にせよ、間違っても、
「権田原」や「鬼頭」という怖そうな名字や、
「更家」や「明石家」や「假屋崎」といったような、
美人と逆方向な人をイメージさせる名字は使われないわけですね。

いずれにしても、ソフトな印象にしたかったら、「ひらがな」。
シャープな印象にしたかったら、「カタカナ」。

登場人物の性格に合わせて名前を付けてください。


○今回の新人賞を獲るポイント
「名前で登場人物の性格を表そう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。