漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

役に立つ女性にモテる男性キャラの作り方

今日は、城咲仁さんのテクニックを漫画の登場人物に応用させる
方法についてです。

城咲仁さんは、昔は新宿ナンバーワンのホスト。

そのときの年収が1億円あったそうです。
ナンバーワンのホスト。

そんな人のトークの秘訣を漫画の登場人物に生かす方法です。

今回の本当のポイントは、
「テレビに出ている人たちは、漫画のキャラに使える」
ということを理解してもらうことにあります。

これが理解できてくると、キャラに困ることが
なくなってきます。

では、さっそく、
城咲仁さんには、どんな秘訣があるんでしょうか?
全部で「7つ」の心理テクニックがあることが分かりました。

具体的には、この7つです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
テクニック1 ◆ 姿勢

まず、姿勢がすごくいいです。
背筋をピンと伸ばして、相手の方に体を向けます。

心理実験で確かめられたことがありますが、いい姿勢は、
相手に好印象を与えます。

猫背だったり、逆に後ろにそりすぎていたり…。
そんな姿勢は、あまりいい印象を与えません。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
テクニック2 ◆ 視線

さらに同時に、常に相手の目を見つめていました。
前にも話したことがありますが、
男性は「聞くときに目を見ない」もの。

しかし彼の場合、相手の目をじっと見つめながら話を聞いていました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
テクニック3 ◆ リアクション

そして相手のトークにたいして、ひとつひとつがオーバーリアクション。
首を動かし、上半身を動かし…。
もちろん自分が話す時も、手を前に向けて大きく動かしていました。

こういう上半身の動きを特別に「バード・ムーブ」と言います。

鳥が相手に興味を抱くと行う動作で、異性はそれに目を引かれ、
互いに親近感を強めていくわけです。

もちろん人間でも同じこと。
まったく無表情で動作もない相手では、こちらも話しにくく、
好意も抱きにくいでしょう。
とにかく大げさにでも、上半身を動かすことが大切なのです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
テクニック4 ◆ ちゃんと同意をする。

たとえば、相手が自分の過去の話をした際にも、

「あ、そういうこと、ありますよね! 僕も…!」
「あ、それ、分かるなぁ。僕も前に」

というように、「同意」して、そして話をふくらませていました。
同意・同調は、会話における基本テクニックです。

また彼女が何かを話すたびに、

「あ、なるほど。○○ということですよね」
「あぁ、△△みたいな」

というように、自分なりの言い換えをしていました。
これによって相手は、「あ、分かってもらえている。
自分の会話が、相手の中に入った」と感じることができます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
テクニック5 ◆ 名前を呼ぶ。

そして相手の名前を会話の中で使うことは、相手の親近感を非常に強めます。
とはいっても、あまりに連呼すると、引いてしまう人もいるはず。

ですので心理学的に、理想なのは、「10分程度で1回」と言われています。
実際に彼は、意図的なのか無意識なのか、
そのペースで言っているようです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
テクニック6 ◆ 「あ段」の発音が強い。

さらに、

「『あ』、それいい『なぁ』!」
「『かわ』いいですね、その『シャ』ツ!」
「僕『は』、『タバ』コは吸『わな』いんですよ」

というように、『あ段』の発音を、非常に強く大きく話していました。

前にも言いましたが、「あ段」の言葉は、口を大きく開けて発する声。
声でも表情でも、相手にオープンな印象を与えます。

これによって、相手に強く親近感を伝えることができます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
テクニック7 ◆ 夢を語る。

そして最後。彼は、

「僕が芸能界で理想なのは△△さんですね。ああいう風になりたいなぁ」

というように、自分にとっての理想像を語り、
さらに「そうなりたい」と、将来的な話をしていました。

心理学的に、女性がもっとも好む男性のタイプは、
「(上に向かって)変化している人」
と言われています。

こういう前向きなアピールもまた、相手の気持ちをつかみます。


ざっと、こんなところです。

もし漫画にモテモテの男を登場させたかったら、
こういった部分を、全部でなくてもいくつか
キャラの特徴として付けて、
オーバーに演出することです。

そうすれば、
「モテたことがないから、モテる男のキャラが作れない」
ということがなくなります。

これは、
「面白い会話をする人のキャラ」
「真面目な人のキャラ」
などを作るときも同じです。

当てはまる芸能人の特徴をオーバーに表現させてみることで
作ることができます。

○今回の新人賞を獲るポイント
「芸能界はキャラの宝庫、参考にするべし!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。