漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

絶対に漫画を描くのが上手くなる方法

漫画を絶対に上手くなりたいと思ったら、
「誰かに教える」ということはすごく効果があります。

毎日、初心者はうまれています。

毎日、誰かが「漫画家になろう」と思うわけです。

そういう人たちに、あなたが今まで学んだことを教えてあげてください。

ブログを書くのがいいと思います。

漫画家を目指そうと思っても殆どのひとは、
何を最初にしていいか分かりません。

そういった手順などを初心者のために分かりやすく、
おしえていくブログです。

「なんの意味があるの?」

「時間の無駄じゃないか?」

と思うかもしれませんが、

初心者に教えるということはものすごいメリットがあります。


1.初心に帰ることができる

ブログで質問を受け付けていたりすると
すごい初歩的な質問が来ると思います。

その答えを考えることが初心に帰り、また
情熱を取り戻すきっかけになります。

なぜかというと、必ず過去の自分に照らし合わせて
回答するからです。

じっくりと過去の自分が悩んだ点や解決した
ことを教えていくうちに初心を取り戻すことが出来ます。

これは、心理学の世界でも証明されている
モチベーションを上げるコツです。


2.自分の知識を整理できる

改めて自分の学んできたことを文章に書くと
実は理解していなかったことに気が付きます。

なんとなく理解していたことはなかなか
文章で説明しきれません。

なので、もう一度復習したり、調べたりして
ブログを書くことになると思います。

それをやることで、自然にあなたの知識は整理
され、より深いレベルへと昇華されます。

私は高校時代、常に学年トップの勉強が出来る
生徒でしたが、その秘密は「人に教えること」
でした。

人よりちょっと先を予習して人に教えていました。
相手は素人なので「すごい!」と褒めてくれます。

それがうれしくて続けているうちに、いつのまにかに
楽しく勉強ができるようになりました。

どうでしょうか?
初心者に教えることはすごいメリットがあります。

また、ブログには過去の自分の漫画作成の悩みを
たくさん書いておくのが良いでしょう。

同じ悩みを持った人がいるというこことをリアルに
感じることで安心感が生まれますし、初心者の人に
とっても親近感が生まれ、質問しやすくなります。

そういうわけで、
誰かに自分の知っていること、覚えたことを
教えていけば絶対に漫画を描くのが上手くなる
のは間違いないことです。

○今回の新人賞を獲るポイント
「漫画を上手くなりたいと思ったら、誰かに教えよう!」
タグ:漫画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。