漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ダブル主人公の効果

心理学では「一貫性の幻想」というものがあります。

一言で言えば、

「同じ要素が2つ合わさると、それぞれの要素が極端に強まる」
というもの。

たとえば、「Aさんはかわいい」と言われたらどうでしょう。
おそらく「ふうん。かわいいんだな」と感じるはずです。

また「Bさんはスタイルがいい」と言われたらどうでしょうか。
やはりそのまま、「へぇ。スタイルがいいのか」と思うはず。

では、
「Aさんは、かわいくて、スタイルもいい」
と聞いたらどうでしょうか。

この場合、
「ものすごくかわいくて、とてもスタイルがいい」
女性をイメージするはずです。

数字で表すなら、

「かわいい」だけなら、「かわいさ7点 スタイル3点」
「スタイルがいい」だけなら、「かわいさ3点 スタイル7点」

と想像するところ、

「かわいくてスタイルがいい」なら、
「かわいさ9点 スタイル9点」と考えてしまう、というわけです。

プラスのイメージが互いに影響し合い、
それぞれの要素がより極端に感じられるわけです。

これこそが、「一貫性の幻想」です。

この例はいくらでも挙げられます。

たとえばある人を、「カッコよくて」「お金持ち」と聞けば、
「ものすごくカッコよくて」「すごいお金持ち」な人
を想像するでしょう。

「優しくて」「素敵な人」と聞けば、
「すごく優しくて」「とてもとても素敵な人」を想像するはず。

1+1=2ではなく、3にも4にもふくれあがってしまうわけですね。

たとえば、現在人気のある「お笑い芸人」は、
ほとんどが「コンビ」。

一人の芸人や3人のグループもいますが、たいていは2人です。

「面白い1人」+「面白い1人」が、やはり一貫性の幻想で、
「すごく面白い2人」というイメージになるからと考えられます。

だからこそ、一人だけの芸人よりも人気が出やすくなるのです。

しかし、逆に3人に増えてしまうと、さすがに「みんな面白い」とは思いにく
くなり、相乗効果は生まれにくくなるのではないでしょうか。

1+1=1という計算になる可能性もあるわけです。

歌の世界も、「B'z」や「ゆず」など、ほとんどがデュオ。
これも、やはり相乗効果が起こっていると考えられます。

逆に3人以上だと、思い出すのは、
「(当初の)ドリカム」や「globe」とかでしょうか。

それぞれどう考えても、メンバー3人が一貫したイメージではありません。

これらの意味で、「2人」こそが、もっともイメージが一貫しやすく、
理想的な「1+1=3以上」が起こりやすい構成なのかもしれません。

最近面白いと思う「バクマン」という漫画も
改めて考えてみるとダブル主人公になっています。

これまでは、主人公を二人置くというのはストーリー作りが
難しいこともあってか、主流ではなかったですが、
もし、人と違った話を描きたい場合は、視点を変えて、
主人公を二人設定するというのもいいと思います。


○今回の新人賞を獲るポイント
「アイディアに困ったらダブル主人公で考えてみてもOK!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。