漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

人の心理を言葉にするのが良いセリフ

今回は人は
『自分が犯した失敗を認めない』
ものだという話です。

その心理を漫画のセリフに使うとかなりリアリティが
生まれます。

なぜなら、
「人間なら誰でも思う感情」
だからです。

誰でも思う感情を、素直に表現するのが良いセリフです。

取ってつけたような美しいセリフばかりでは、
感情移入をしてもらえません。

人は失敗をした時、
「運が悪かった 」などとつい言い訳をしてしまいます。

心理学ではこのような心理を『合理化』と呼んでいます。

一言で言えば、自分を傷つけないように
自分に嘘をつく心理なのです。

この合理化については、イソップ童話に登場する
「キツネとすっぱいブドウの話」が
よく例えに出されます。

-----キツネとすっぱいブドウの話-----

キツネがブドウを見つけ、
食べようとして飛び上がったが手が届きません。

何度試しても採れなかったので、
キツネは「あんなにすっぱいブドウは食べられない」

といって去っていく。



という話です。

ブドウが採れなかったのは、
自分のジャンプ力が足りなかったからの筈なのですが、

それを認めてしまうとプライドが傷ついてしまいます。

でも、おいしいブドウを食べ損ねたと認めると、
残念でたまりません。

そこで、ブドウをすっぱい事にして、
自分の能力不足や失望から逃げようとするのです。


合理化の心理には、
この「すっぱいブドウ」の他に、
「甘いレモン」があります。

自分の行動が最善だったと甘く評価することにより、
現在の結果に満足する心理です。

この心理の違いをわかり易い例え話で説明します。

第一志望の大学に落ちたとき、
「こういう大学はガリ勉のヤツばかりで、
友達になれそうなヤツはいないだろう」
と考えるのが「すっぱいブドウ」の心理です。

そのあと、第二志望の大学に合格して入学した時、
「大学生活が充実していて友達も沢山でき、ここに入ってよかった」
と思うのが「甘いレモン」の合理化です。

こういった合理化は、
「誰もが持っていて、無意識のうちに行っている」
ので、本人は嘘を付いるとはおもっていないのです。

合理化は、自分のこころを敗北感や劣等感から守り、
挫折を乗り越えるためには必要な自己防衛機能なのです。

だからこそ、うまくセリフに織り込んでいくと、
「あ、そうそう、俺もそう思う!」
となって、どんどん続きが読みたくなるものです。

漫画の中のでセリフでは、
『合理化』の心理を表現することも忘れないでください。

○今回の新人賞を獲るポイント
「セリフで『合理化』の心理を表現しよう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。