漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

読者を熱中させる心理学

今回は人は何に興奮して熱中するのかという話です。

人を熱中させるには「浮き沈みの大きさ」が重要といわれています。

心理学では、不定率強化といわれています。

浮き沈みが激しく、報酬を得られるときもあれば、得られないときもある。

そういう状態のとき、生き物はもっともそれに「ハマる」ことが、
マウスの実験によって確かめられています。

人がパチンコなどのギャンブルにハマってしまうのも、それが原因です。

さらに人は、小分けにすると喜びが強まることが分かっています。

たとえ総量でマイナスであったとしても、その前に小分けにプラスを得ている
と、その記憶が強まります。

たとえば、
+10 +10 +10 +10 ‐50

という体験をした場合、総合的には -10 なわけですが、途中までの「+」
の方が強く感じられ、ショックと同時に幸せな記憶も残るわけです。

パチンコでいくら総合的にマイナス収支になっても、
エンドレスで続けてしまうのは、それが理由です。

そしてそれは、そのままこの漫画やゲームにハマる心理として説明されます。

読者には、漫画を読む面白さ、爽快感を与えるとと共に、
ストレスや嫌な思いもしてもらいようにエピソードを入れましょう。

それが、浮き沈みの大きさであり、小分けに面白さを感じることになります。

浮き沈みの大きさを入れ込む方法としては、
まずは普通にストーリーを作成し、
その後に、部分毎に落差をデカくすることを考えるとやりやすいです。

どうしても、最初に考えたエピソードに引っ張られて
それ以上に良いものは考えられないように感じてしまいますが、
それは、間違いです。

最初に考えたエピソードなんてものは、対して面白くありません。
なので、
「必ず後で入れ替える」
と最初に決めて、ストーリーを作成して、最後に考えましょう。

そして、これはあまり関係ないかもしれませんが、
たとえ最終的にすべてを失い、総合的にマイナスの方が大きくなったとしても、

それまでに小さな喜びを得ている限り、人間は何度でも同じことにチャレンジ
できるし、面白いと感じている、ということに気がつきます。

人間って、うまくできているんだなぁ、と感じますね。

○今回の新人賞を獲るポイント
「浮き沈みの大きさを表現しよう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。