漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

てっとり早く好感度を上げるには○○を登場させよう!

内容はどうこういわず、とにかく好かれる読み切り漫画を
描きたいと思っているのなら今回の話は役に立つと思います。

これで、どどどーん!と好感度アップさせてしまってください。

それこそが、『動物』を使うことです。
まあ、いきなり答えですが。。。。

実際にテレビなどのCMでは、「性」「子供」「動物」を使うと、
売れ行きがアップするという法則があるのです。

いわゆる広告界の、「三種の神器」というやつです。

その理由はシンプルです。
心理学には「連合の法則」というものがあります。

「性による興奮」。
「子供やかわいい動物を見たときの、気持ちの安らぎ」。

これがそのまま、その商品への良いイメージにつながるということ。

この中で、漫画に応用することを考えた場合に
大切なのは、ズバリ「動物」です!

実は心理学者ロックウッドによって行われた、こんな実験があります。

A「ある人が1人で写った写真」と、
B「同じ人がかわいい動物と一緒に写った写真」。

このとき、Bの方が、その人物に対する評価が高くなったのです。
当然ですが、動物は、イヌやネコなど、かわいいものが理想でしょう。
またそれこそ、マスコットやぬいぐるみでもいいでしょう。

とにかく「かわいいもの」と一緒に映ることです。

これ重要です。

とにかく「丸っぽくて、小っちゃくて、かわいい動物やキャラ」
これを登場させれば、読む人の心をキュンキュンさせることができます。

あまりにそればっかり狙うのも問題ですが、
そういった作品を作ってみるのも良いと思いますよ。

○今回の新人賞を獲るポイント
「かわいいキャラで好感度UP!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。