漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ピーク・エンドの法則を利用したストーリー作り

あなたは、「ピーク・エンドの法則」
というものをご存じですか?

ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマン教授
によって提唱されたもので、簡単に言うなら、

「最高」と「最後」の瞬間こそが、
人間の記憶にとってもっとも重要という法則です。

もっと言えば、
「それ以外の要素はまったく関係ない」
というわけです。

これ、ものすごく重要ですので、覚えておいてください。

たとえば童話「浦島太郎」のエピソード。
あなたはこの童話で、何を強烈に覚えていますか。

おそらく、一番に出てくるのは、
「エンド」である、玉手箱でおじいさんになった
シーンではないでしょうか?

では次に思い出すのは?

たぶん「(幸せの)ピーク」である、
竜宮城で乙姫に接待を受けたシーンなの
ではないでしょうか。

とにかく強烈で重要なのは
「ピーク」と「エンド」だけなのです。

「ピーク」と「エンド」が重要ということ
が、分かっていただけましたでしょうか。

これはあなたが描く漫画でも、同じこと。

まず大切なのは「ピークの強さ」です。

たとえば「長いけどつまらないバトル」と
「短いけど派手なバトル」。

これはもちろん、後者の方が良い記憶になりますね。
ページを長く割くのではなく、
バシッと印象に残る派手なシーンを描いたほうが
良い印象が残ることになります。


そしてもうひとつ重要なのが「エンド」。

たとえば漫画の最後がつまらなかったら、
これ、かなりイヤな記憶として残るはずです。

逆に、最後がすっきりとした望みどおりの終わり方なら
面白かったという記憶が残ります。

つまりは、ラスト次第でずっと良い記憶として残るのです。

繰り返しになりますが、人間の記憶にとって重要なのは
「ピーク」と「エンド」
の2つだけ。

それ以外のどんな要素も、記憶にとっては、
極端な話、ほとんど重要ではないのです。

たとえば人気ホストやキャバクラ嬢。

彼らが店内でたくさんの指名を受けて、
それでも客に不満を感じさせないのは、
それが理由です。

会った瞬間に、誉める・笑顔・小技などで、
とても楽しい「ピーク」を作る。

最後に「もっと話していたいけど…」と伝えるなど、
最高の「エンド」で別れる。

これを繰り返すので、数時間に渡ってヘルプホストが
つくより、ずっと好印象の記憶を作れるわけです。

よって、あなたも覚えておいてください。

漫画は、長さじゃないんです。

その中で、どれだけ「最高!」の瞬間があったか。
そしてどれだけ「最後」が幸せな記憶になったか。

それだけが、ただ2つだけの重要なポイントなのです。

○今回の新人賞を獲るポイント
「ピーク・エンドの法則を利用しよう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。