漫画ストーリー、キャラの作り方で、初心者でも新人賞が取れる!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

「どうすれば成功できるか」にこだわらない

あなたが「どうすれ漫画で成功できるか」
にこだわってきたとしたら
多少ショックかも知れませんが、
自分の可能性を最大限に発揮したいなら、
成功の方法は必要ありません。

それより今必要なのは、自分の埋もれた可能性を
最大限に発揮できるように、自分にかかっている
ブレーキを外すことです。

人類の歴史が始まって以来、特に男性は資産や仕事
や肩書き、つまり物質的成功に価値があると考えられ
ていました。

差別的な考えはありますが、物心ついたころから
「お前の価値はいくら稼げるかで決まる」
と教えられてきたらどうでしょうか。

「何を持っているか」
を基準にして、
「アイツと比べて自分は・・・」

と考えれば、
いとも簡単に自尊心は崩れ去りますし、

劣等感から物質的成功を嫌うようになったとしても
不思議ではないでしょう。

なにかの拍子に自尊心が傷つくと、
成功したくても無意識に
「成功を拒絶してしまう」
ようになります。

「自分はどうせダメだから」
と自分を正当化することが結局、
うまくいかない原因なのです。

逆に世界で成功している人々は、

幸せ、財産、仕事、健康、のんびりとした暮らし、
素晴らしい家族といった誰もが夢見るものすべてを
手に入れています。

どうしてこんなことが起こるのでしょうか。

ここで「大きな成功を収めた人々」とは、

「幸せであって、かつ裕福でもある人々」
のことを指し、彼らを
「3%の成功者」
と呼んでいます。

世界の富のほとんどを独占しているのは約3%の人々で
残りの97%の人々はひたすら努力しているのです。

いい加減な数字だと思われるかも知れませんが、
周りを見回してみれば、「なるほど」と思うに
違いありません。

会社でずば抜けた売り上げを記録するのは
いつも決まった1〜2人だったり、

結婚した友人夫婦のうち、今も変わらず幸せなカップルは
ごく僅かだったりすると思います。

世の中を見回してみれば、「持てる人」は、
世界人口のほんの数%、残りの多くの人々は
「持たざる人」に分かれます。

財産も健康も幸福も、チャンスはすべての人に
与えられているはずなのに、実際のところ
それを正しく活かそうという人は
ほんのひと握りしかいないのです。

あなたには、ブレーキがかかっています
だから成功のポイントは自分のブレーキを外すこと!

それには、まず周りの価値感に惑わされて行動したり考えたり
しないように意識することです。

チャンスはすべての人にある。

欲しいものを手に入れましょう!

○今回の新人賞を獲るポイント
「自分のブレーキを外そう!」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。