<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

「恐るべきセリフ」を使おう

セリフを勉強しようとして小説を読んではいけない。

正直なところ、漫画作品の方が
「切れ味鋭いセリフ」は多い。

キャラクターの喋りを研究するなら、
当然、漫画を参考にするべきです。

続きを読む

「どうすれば成功できるか」にこだわらない

あなたが「どうすれ漫画で成功できるか」
にこだわってきたとしたら
多少ショックかも知れませんが、
自分の可能性を最大限に発揮したいなら、
成功の方法は必要ありません。

それより今必要なのは、自分の埋もれた可能性を
最大限に発揮できるように、自分にかかっている
ブレーキを外すことです。

続きを読む

漫画を描くエネルギーを得る方法

短時間でクオリティの高い漫画を描くための
テクニックや技術以外の重要な秘訣・・・

もし、あなたが漫画を描いているなら、、
もし、あなたが漫画原作を書いているなら、、
この話はとても重要になります。

漫画でも漫画原作でも何でも、
「書く」ということをしているなら、
あなたはその仕事にどれだけのエネルギーが
かかるか知っているのではないでしょうか?

続きを読む

絶対に漫画を描くのが上手くなる方法

漫画を絶対に上手くなりたいと思ったら、
「誰かに教える」ということはすごく効果があります。

毎日、初心者はうまれています。

毎日、誰かが「漫画家になろう」と思うわけです。

そういう人たちに、あなたが今まで学んだことを教えてあげてください。

ブログを書くのがいいと思います。

漫画家を目指そうと思っても殆どのひとは、
何を最初にしていいか分かりません。

そういった手順などを初心者のために分かりやすく、
おしえていくブログです。

続きを読む
タグ:漫画

仕事部屋の環境を整える意味

今日は「仕事部屋の環境」について書いていきたいと思います。

これはもちろんあなたが漫画を描くのに集中するための
「仕事部屋の環境」ということです。

まず、とってもとっても大切なこと。
それは・・・

「ひとりになれる空間と時間を作る」ということです。

私たちの日常生活は、
「お前の注意を奪ってやる!」
というさまざまな刺激源にさらされていることに気が付いていますか?

続きを読む

漫画を描くことを続けることの重要性

「生きていさえすればいいのよ」。

この「生きていさえすればいい」というのは、
何かを始めた人にとっては、
「続けていさえすればいい」のと同じ意味です。

「何かを始める!」と思ったのにも関わらず、
それを「やめる」ことこそが、
「死ぬ」ことなのです。

続けてさえ、いればいいんです。

確かにハタから見て、
つまらなくなってくるマンガもあるでしょう。
ダラダラした展開になるマンガもあるでしょう。

しかし僕は、それでも継続することにこそ、
意味があると思います。

それを見て、

「つまらなくなって続けてもしょうがないのに…」
「早くやめちゃえばいいのに」

と言う人は、くどいですが、何も作ったことがない人、
もしくは作ったとしても、
すぐにやめてしまう人です。

続きを読む

知っている、は、知らないと同じ

漫画の描き方をずっと勉強し続けている人がいます。

それこそ何年も前から、本を読んだりセミナーに参加したり、
有料のプログラムに入ったり教材を買ったり・・・

知識はどんどんついてきているから、何か新しい本を読んでも、
「あー、またこれか。知ってるよ。」という反応をしてしまいます。

確かに『知っている』んでしょう。

でもそれを「できる」かどうか、、、は、別問題。

「知っていても」実際にやってみて「できない」のなら、
それは『知らない』のと何も変わりません。

そう言いながら、私自身完璧にできているかというと、
全くそんなことはありません。

続きを読む

漫画の描き方を学んでいて不安なとき…

漫画の描き方を身につければ、本当に一生困らなくなるのか?
疑問に思ったこと、不安に感じたことはありませんか?

・本当に、漫画だけで食って行けるのか?
・漫画の需要がこの先、同じようにあるのか?
・所詮、一部の人の趣味の世界だけじゃないの?

などなど、、、

漫画の描き方はすごく重要なスキルです。

しかしそのスキルを本来必要としているビジネスの数に比べて、
そのスキルを持っている人の数が圧倒的に少ない。

ということは、そのスキルを学んでいるあなたには、
本来であればすんごい高い需要があるはずです。

・・・にも関わらず、

「すぐに連載してくれる漫画家、求む!」

のような求人広告は見かけません。

本当に、漫画の描き方を学んでて大丈夫なのか?
本当は漫画家が多すぎるんじゃないか?

こんなことを思ったことがあるかもしれませんが、僕の意見は逆。

続きを読む

漫画で成功する最大の秘訣

あなたは、仲田祐一という人物をご存じですか。

ベビー用品を作っている
「ピジョン」という会社があるのですが、その創業者の方です。

この人の話を、最近聞いたのですが。

彼がピジョンを作ったのは、1957年のこと。
当時、赤ちゃんの「ほ乳瓶」は、あまりいいものがありませんでした。

実際、赤ちゃんはもっとも「ダマされにくい」消費者です。

お母さんの胸を吸えるかどうかというのは、
まさに「生きるか死ぬか」。

ニセモノに吸い付いてしまったら、栄養が取れず、
死んでしまう可能性だってあります。

そのため本能的に、ちょっとでも「本物」と違うほ乳瓶だと、
見向きもしません。

いずれにしても、当時のほ乳瓶では、赤ちゃんがうまく吸わず、
世の中のお母さんたちは、大変苦労していたのです。

続きを読む

漫画作成のための究極の情報処理法。。。

ここ日本では、人間、誰にでも発言の自由がある。

特にインターネットでは誰もが自由に公に発言する事ができる。

だからこそ、あなたも情報に対する処理術を
身につけるべきだ。

最も簡単な方法は、専門家の情報だけを取るという方法。

基本、人はアドバイス好きである。

あなたが漫画の描き方で大きな悩みを抱えているとする。

その悩みを誰に相談しても、それなりのアドバイスが帰ってくる。

例えば、漫画を書いた経験なんて全くない、
いとこの叔父ちゃんだって、アドバイスしてくる。

しかし、そのアドバイスを受ける事は、
あなたの問題を解決するどころか、
かえってヒドくしたりする事もある。

これと同じ事があらゆる所で起きるんです。

今回の原発に関する情報処理術として私が取ったのは、

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。